QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
cici123

2013年11月13日

突破なるか

自分のどういうところが嫌なのか、ダメと思ってるのか、を観ていたら、
嫌な・ダメな自分を許せないんだってことが分かった。
じゃあ許せば(簡単に出来る事ではないけど)と思ったら、
許すつもりがないという思いが即座に出て来た。
かた~くかた~くそう思ってる自分にチョット驚き。

そんな自分と認めてはいるんだけど、許してはいない。
許しちゃダメだと思ってる。
許したら今までの自分と何も変わらない。もっとダメになると思ってる。

許せないことが壁なのか?
客観的?に観るとそう思える。
でも、自分的には、壁は“許せない”ことじゃない。
“許せない”気持ちを、壁を打破する原動力に出来ればと思っているけど、
まだまだ甘いのか?
もっともっと心底許せなくなるくらい、とことん追い詰められないと壁は打破出来ないのかもと思う。


・・・簡単には変われないと思ってるけど、マジ大変。
振り返ると、低い壁だったり薄い壁だったりをクリアして来てる。
その時はその壁が最強だけど、打破したり乗り越えると、次なる強固な壁が現れる。
だんだん難度は増す。

今また強固で難解な壁が立ちはだかっているけど、この壁をクリアする為に今まで学んで来たんだと思った。
ずっと見てた(分かってた)壁がとうとう目の前に来て突き付けられてる。
集大成?で、ここが第一関門で、突破なるか・・・ってとこかな。
出来ればパスしたいけど、これをクリアしないと次は無い。当たり前だけど。原來你在這裡
靜秋之美,人到中年豈不是靜秋之美嗎
我在尋找壹件白毛衣
愛,是一朵花開的時間
心似蓮開,清風自來
當有幾分韻致、幾許故事
曾經的傷懷和悲秋在這冬日裏
冬天的溫暖
漂浮在聲音的思緒
每壹滴淚水都是妳的名字
  


Posted by cici123 at 16:21Comments(0)

2013年11月11日

しかし彼はまた習慣隠蔽

孤独は密度の言葉、それと消え、寒い、黙って、しようがない、失望、湿気、暗く、殘念などに関しては、それらの間に秘密を隠して:1組で偏寒色の存在のように父の墓の前に立ち、静垭口所の3つの薄いレンガ、墓地の奥のように父親の身枯骨、象の副葬父の側の1列入れ歯も、父に似て土のその口棺に瀋む。
最後に見父の瞬間、彼はベッドに横になって、平坦で展ベッドに横になっている、「ガス。私を笑わせる一句:お父さん、は嬉しいだろう。実家で伏せて、涼しい。父は返事しなくて、目を閉じて静かに横たわって、微動だにしないで、彼はベッドの上で伸びやか平卧姿勢、未曾有の優雅な。彼はなどなど、弟の車に乗せ、などの車への帰省の道、彼は黙って、彼は静かに、彼の眉の素浄眼、彼はそっと説:私は長い長い時間に属して故郷に。
誰にも思えない父の行くある兆しは空気中に充満して、彼の体に先覚も表現で、しかし彼はまた習慣隠蔽、彼は無言の瀋黙を待つように軽く自分音もなく葉落ちない、人騒がせ、彼が私たちが迷い。6日後に父は本当に歩いて、殘して家を殘して、家財道具を殘して、錠剤、身分証を殘して、殘して筆をノートにさらに小夲子の筆跡を殘して、彼はすべての安心しない。
私の様々な殘念ですからどんどん先が出てきて、その痛みを鋭く割錐、その重い山のように、私は元夲付き合って時間を過ごす最後の父、たとえ一日、せめて一時間でも、しないでも。後の今日、私はよくしようとする自分が静かには、週囲環境は静かに、私は過分の望みは静に父の咳の音に耳を熟知して、いつも音しか聞こえ蒼空雁悲しい日、愛着の体温がなかったが、私のあの人がいない。
父は歩いて、65歳の父親が作2013年7月の1度の綿長い雨、続々と半、滲む黄土投入は彼の父、母の胸に。親子母子陰陽。あの時、殘る前世の殘念な思い、団欒の墓の下の喜び、きっと彼らに笑って泣いて泣いても笑って、これでの再会に悲喜こもごも。
父は眠ってしまい、覚めないで父の無声安卧から同じ姿勢を確認した私の最も恐れたそのもの----孤独で寂しくて、土の墓の内外の寂しさを。新しい土、新たな故亡き人、新柳、孤臥畑の一角に、父の新しい家の置彼の無口をよそに、彼はそのロック、土門が閉じて誰をも開かないを呼ぶ。
父は私の携帯電話を入れてアルバム、読み.彼の顔に密着ぶりを触って、私の顔は過去、行涙の温度にむせてガスを叫ぶのお父さん。父の目も濡れた、私を見て倒伏過去、が無力で腕を伸ばす抱きしめてくれた、私も二度と親親に抱いて彼はそっとやせて骨は、お互いが後ろめたく向き合う、殘念。父は写真の中で、私は彼の写真の前で、これは私と父は最近は隔てた世の最も遠い距離。
このまま突然、私はすでに祭日でひざまずいて号泣して目が覚め坟头叫ぶ墓に身内の人。これからの清明節寒食節も踏んで実家への道を灰白条一体、東関、馬に水浴させる堰、荘の巢、錠のバネ、幹線道路溝、モモハ坂、神穀、私の根の脈に互いに連なる山の道が延び、これらが私を見て村を越えての村で、私は父がますます近く。
あの日、父はこの道に沿って村の西の道を熟知して村に戻る回院回彼の窯、担架上の父、ただ1つのベッドに1年以上の患者は、彼が必要という特殊の護送護彼は村に戻る度夏、慣れて。10日後、父の棗マホガニー棺は窯は院は村、雨の中で歩く東へ坟头村の別の1本の道、私の父、人間や東や西の道は果てに歩いてつきました。
今日で読んだ句話:出会いだけが、我々はすべての道。私が流した涙も、どんな道を歩いて、いつまでも二度と出会い父、彼はいない道。原來是一群飛燕正從天邊飛過
我大約是感受不到了
緣分
好好珍惜眼前人  


Posted by cici123 at 16:13